アプリケーション部会

アプリケーション部会

| 目的と背景 | 今後の活動内容 | 目標 | 部会メンバ一覧 | タスクフォース |

目的と背景
  • 本部会は、ソフト開発スキルが企業内に閉じ、業界全体のスキル向上になっておらず、かつ、日本発のグローバル競業力のあるソフトが少ない現状を危惧し、日本の特徴を活かしたOSSアプリケーションを開発し、利用者の立場でビジネスモデルを提案して、OSSの普及、および、ソフト開発者のスキル向上への貢献を目指すものである。
今後の活動内容
  • 本部会は、上記の目的を達成するために、以下の活動を行う。
    • 開発したソフトをOSSという形で共有し、知的活動を累積型で残す。
    • ソフト開発者のスキルをオープンにし、グローバルに評価される開発能力や伝道能力をアップする。
    • 政府の情報システムを調達する際の標準的なオープン技術を規定した技術参照モデル (TRM)について、TRMに対応するOSSのリストアップならびに公開に向け準備する。
目標
  • 2015年度目標
    • Ruby関連の技術者拡大と技術深耕
    • Rubyアプリケーション事例収集拡大
    • OSSアプリケーション活動の広報
部会メンバ一覧
部会長 吉田 正敏 富士通株式会社
副部会長 片瀬 成識 東京ガス株式会社
  安 炳模 コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社
  岩城 有美子 株式会社エルエスアイ開発研究所
  江洲 信也 株式会社エルエスアイ開発研究所
  大浦 順史 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
  小川 幸一 株式会社エルエスアイ開発研究所
  垣木雅彦 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
  小林 信雄 株式会社HTKエンジニアリング
  佐藤 覚 株式会社アグトラスト
  関口 恭司 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
  鈴木 陽平 株式会社アグトラスト
  高島 亮祐 日本ユニシス株式会社
  田中 義人 富士通関西中部ネットテック株式会社
  谷相 貴美 株式会社マインド
  手塚 拓 サイオステクノロジー株式会社
  藤部 孝志 アースインターシステムズ株式会社
  冨田 昌宏 株式会社 富士通システムズ・イースト
  長濱 みほ  
  仲村 秀樹 株式会社HTKエンジニアリング
  野山 孝太郎 富士通株式会社
  橋本 明彦  
  原 嘉彦 富士通株式会社
  平松 知江子 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
  廣田 哲也 株式会社シーイーシー
  堀江 謙一 株式会社日立ソリューションズ
  松葉 大造 株式会社シーイーシー
  三好 秀徳 株式会社日立ソリューションズ
  武藤 紀之 株式会社ティージー情報ネットワーク
  山崎 靖之 サイオステクノロジー株式会社

--------------------------------------------------------------------------------

Ruby関連情報のお知らせ

2015年11月18日~20日にかけ、ET 2015 組込み総合技術展にて当部会2015年度研究成果(IoT分野へのRuby言語適用施行)をNPO フクオカmrubyパビリオンのブース(D-03)にて御説明いたします(研究成果の実証モデルの展示・説明)。

Ruby biz グランプリ 2015の募集が2015年7月21日より開始されました。 応募受付は9月18日までですので、奮ってご応募願います

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2014 in Mitakaが開催されました。

--------------------------------------------------------------------------------

成果概要

当部会2014年度研究成果(IoT分野へのRuby言語適用施行)に関し Rubyビジネスセミナー にて講演を行いました(講演者: 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング 関口氏)。

当部会2014年度研究成果(Ruby適合領域・開発/運用環境の調査と整理)に関し Japan OSS Promotion Forum 2015 にて講演を行いました(講演者: 東京ガス株式会社 片瀬氏)。

当部会2014年度研究成果(Rubyビジネス利用時の性能評価)に関し Japan OSS Promotion Forum 2015 にて講演を行いました(講演者: 株式会社富士通システムズ・イースト 冨田氏)。

当部会2014年度研究成果(Rubyビジネス利用時の性能評価)に関し RubyWorld Conference 2014 にて講演を行いました(講演者: 株式会社日立ソリューションズ 三好氏)。

当部会2014年度研究成果(IoT分野へのRuby言語適用施行)をEmbedded Technology 2014にて公開いたしました。

当部会2011年度の研究成果を公開いたしました。

当部会2008-2010年度の研究成果を公開いたしました。

当部会2009年度の研究成果を公開いたしました。

--------------------------------------------------------------------------------

 

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン