「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を決定

 独立行政法人情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)は、2008年10月17日、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発者やOSSの普及に貢献した方を表彰する「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を選定しました。

 

 「日本OSS貢献者賞」は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造・運営した開発者や、グローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者、普及に貢献した人を表彰するものです。

 2005年度に創設し、今年度が第4回目となります。

 

■「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者(4名、50音順)

  • 石井 達夫 (いしい たつお)氏:  PostgreSQLの開発、発展、普及に大きく貢献
  • 奥地 秀則 (おくじ よしのり) 氏:  ブートローダGRUBの主要開発者で、GRUB2では中心となって、設計・開発に携わる
  • 中野 雅之 (なかの まさゆき) 氏:  Firefoxの開発に関わり、日本語入力システムとの連携機能等の実装に貢献
  • 宮原 徹 (みやはら とおる) 氏:  「オープンソースカンファレンス」を立ち上げ、中心的な立場で活動をリード

受賞者の功績の詳細

 

■選定方法
自薦、他薦により広く推薦を受けた候補者(計50名)の中から、審査委員会(委員長:相磯 秀夫/東京工科大学 理事)の審査によって受賞者を決定しました。
審査委員会の名簿

 

■授賞式
10月28日(火)15:40~16:10 明治記念館 2F 富士2