ビッグデータ部会

 

| 目的と背景 | 今後の活動内容 | 目標 | 部会メンバ一覧 |

目的と背景
  • IoT時代を見据えた「ビッグデータ」を取り扱う上でのOSSを用いたデータ処理基盤の整備、データの標準化、分析手法の整備などの「ビッグデータ」利用促進に貢献できる環境整備を実施する。
今後の活動内容
  • 日本国内の関連する業界・ユーザ企業・コミュニティと連携し、「ビッグデータ」を有効的に活用するための方式を整備することをゴールとする。
    • 上記活動により、OSSの発展への貢献および日本国の産業全体へ「ビッグデータ」の活用によるビジネス拡大の良循環を形成する。
目標
  • 2015年度目標
    • 「ビッグデータ」を取り扱う上での必要な情報の整備
      • データ処理基盤の整備:利用するOSS製品の選定などの調査
      • データの標準化 :関連する業界(センサーなど) との共同研究体制の準備
      • 分析手法の整備 :ユーザ企業などとの共同研究体制の準備
    • 「ビッグデータ」利活用における動向調査
      • 海外取組み事例調査 :海外コンソーシアムの活動および事例を調査
      • 国内ニーズ調査 :ユーザ企業における利活用のニーズを調査
    • ビッグデータ部会広報活動
      • 講演/情報発信 :ビッグデータ部会の構想および活動状況報告
    部会メンバ一覧
    部会長 吉田 行男 株式会社日立ソリューションズ
      柏木 輝佳 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
      向井 紀光 株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
      吉田 正敏 富士通株式会社
      倉知 陽一 富士通株式会社
      野山 孝太郎 富士通株式会社
      高橋 千恵子 日本電気株式会社
      川畠 輝聖 日本電気株式会社
      慶松 明嗣 日本電気株式会社
      中島 武史 NECソリューションイノベータ株式会社
      芦田 仁史 株式会社日立製作所
      橋本 尚 株式会社日立製作所
      伊藤 雅博 株式会社日立製作所
      筒井 敏人 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
      小笠原 淳 株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
      三橋 秀行 トレジャーデータ株式会社
      柳川 雅裕 株式会社PFU
      油谷 実紀 TIS株式会社
      井上 不二雄 日本アイ・ビー・エム株式会社
      黒坂 肇 サイオステクノロジー株式会社
      水倉 良明 サイオステクノロジー株式会社
      栗田 雅芳 株式会社東芝
      福島 愼一 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
      小林 敦 三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社
         

    --------------------------------------------------------------------------------

     

Syndicate

Syndicate content

User login