第6回 オブジェクト指向プログラミング(講義+ワークショップ 90分)

Rubyのクラスの使用方法を学習することで、オブジェクト指向の考え方を習得する。また、サンプルプログラムを作成することで、オブジェクト指向プログラミングの利点を学習する。

(1) オブジェクト指向の説明

1. オブジェクト指向とは

2. オブジェクト指向の特徴(継承、カプセル化、ポリモフィズム)と利点

(2) オブジェクト指向プログラミングの説明

1. オブジェクト指向プログラミングとは

2. クラスの定義(クラス定義、特異クラス定義、モジュール定義)

3. メソッドの定義(メソッド定義、特異メソッド定義、クラスメソッド定義)

4. クラスの継承(継承関係、ダックタイピング)

5. メソッドの呼び出し制限(カプセル化:情報隠蔽)

6. ポリモフィズム(オーバーライド、キャスト)

7. Mix-in(クラスにモジュールの取り込み、includeメソッド)

8. サンプルプログラム(クラス使用方法)

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。