第13回 Webアプリケーション開発(講義+ワークショップ 90分)

Railsフレームワークを使用したWebアプリケーション開発の流れについて学習する。また、WebアプリケーションフレームワークとしてのRailsの構成要素(Model、View、Controller)の機能について学習する。

(1) RailsによるWebアプリケーション開発の説明

1. Webアプリケーション開発の流れとは

2. Railsの構成要素(Model、View、Controller)のジェネレート

3. データベースの設定(database.ymlの設定)

4. Webサーバの起動と確認(WEBrick、ポート指定)

(2) Webアプリケーションのカスタマイズ

1. ルーティングの定義(複数ページの遷移設定、等)

2. ユーザ表示箇所のカスタマイズ(Viewの書き換え、RHTMLの概要、編集、CSSの利用)

3. 入力値の検証(概要、validatesの定義)

4. リダイレクト処理(概要、メソッドの追加(Controller/Model))

5. サンプルプログラム

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。