第15回 オープンソースシステムのカスタマイズ(講義+ワークショップ 90分)

オープンソースシステムとして公開されているRubricksというCMS(コンテンツマネジメントシステム)を利用して、独自に作成したコンポーネントを導入することによってカスタマイズする方法について学習する。

(1) Rubricksとは

1. CMS(コンテンツマネジメントシステム)の概要

2. Rubricksの構成(Rubricksの機能、コンポーネントアーキテクチャ、ブロックアーキテクチャ、等)

3. Rich Internet Applications(Ajax、等)

4. コンポーネントの種類と導入方法(サードパーティコンポーネント、等)

(2) 新規コンポーネントの開発

1. 新規コンポーネントの作成の流れ(ジェネレータの実行、機能の実装、実行)

2. テスト環境の構築(テスト定義ファイルの作成、テストの実行)

3. サンプルプログラム(新規コンポーネントの導入例)

(3) オープンソースシステムのカスタマイズ例

1. オープンソースシステムの紹介(Xoops、suguarCRM、OpenPNE、等)

2. オープンソースシステムのカスタマイズ方法(例)

以上

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。