第3回 データベース運用設計(講義 90分)

データベースの運用設計作業の種類とその内容、検討項目、システム開発作業の中での実施手順と含まれているべき項目、内容を理解する。

(1)最適なデータベース運用設計のアプローチ

  1. システムライフサイクルにおけるデータベース運用設計の時期と方法
  2. アプリケーション設計への反映
  3. データベース運用計画への反映

(2)運用設計の検討項目

  1. データ型の検討と選択
  2. 冗長化のデメリット
  3. データ量の見積り
  4. インデックスの評価
  5. オプティマイザの動作計画
  6. Joinの種類とその適用場所
  7. SQL文の書き方
  8. リカバリ設計

・ システムの運用時間の把握

・ ハードウェアでの対策(RAID、SAN等)

(3)監視計画

  1. データ容量
  2. メモリ使用率
  3. 時間の経過によるインデックスの変化

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。