第7回 データベースのトラブル(講義 90分)

データベーストラブルの種類と原因、特徴、対策の内容と手順、結果評価方法などの内容を理解する。

(1)トラブルから見たRDBMSの運用ポイント

  1. 関係データベースに関する設計や運用の基本的な情報
  2. 障害発生の6つの着眼点

・ アプリケーションが突然止まる

・ 運用開始一定期間後、性能が劣化する

・ 本番の直前、直後に性能不足が発覚する

・ 更新・入力処理で期待した性能が発揮されない

・ バックアップまたはリカバリのミス

・ データ形式のエラー

・ リソース不足

(2)トラブル対応の内容

  1. リソースの追加、拡張

・ データのフラグメンテーション対応

・ オプティマイザが選択するテーブルのアクセス経路の変化への対応

・ データ件数の大幅な増加への対応

・ インデックスがメモリ上からあふれてディスク入出力多発への対応

・ ログ領域の不足への対応

  1. ログのバックアップ
  2. テーブルの再構成
  3. ブロックの断片化
  4. インデックスの問題

・ インデックスの再構成

・ 最適なインデックスの選び方

・ テーブルスキャン(全件検索)の問題

  1. SQLの異常
  2. DBMS自体の不良
  3. インデックスの張り過ぎ
  4. ロック競合の回避

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。