第12回 データベーストラブルシューティング(ワークショップ 90分)

データベースの障害に対して調査、問題の解明、対処を行い、トラブルシューティングの方法をマスターする。PostgreSQLを用いたワークショップ形式で実施する。

(1)障害の発生と原因の調査

*障害の発生

  1. 表領域の容量調査
  2. データベースブロック容量の調査
  3. ログバッファ容量の調査
  4. サーバのメモリ容量の調査
  5. スワップの状況の調査

(2)アプリケーション要件の調査

  1. アクセスパス(インデックス、キー制約の関連)
  2. トリガやストアドプロシージャ(STP)の動作

(3)インデックスの設定状況と十分性の検証

(4)原因の解明と対処

  1. データ分布統計情報の調査
  2. オプティマイザの機能調査

・ ルールベース

・ コストベース

  1. 解決策の検討と実施

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。