News

「第7回 日本OSS貢献者賞・日本OSS奨励賞」受賞者を選定

発表日: 
2012/3/13

日本OSS推進フォーラム(代表幹事 佐相 秀幸)は、このたび、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発及び普及に貢献した個人等を表彰する「第7回 日本OSS貢献者賞」および「第7回 日本OSS奨励賞」の受賞者を選定しました

■日本OSS貢献者賞 受賞者

川口 耕介 / 平松 雅巳 / 法林 浩之 / 森 啓介

■日本OSS奨励賞 受賞者

井上 敬浩 / 木下 靖文 / 福森 匠大 / 矢倉 大夢 / 山本 裕介
下北沢オープンソースCafe / Sinsai.info開発者、情報ボランティア一同 / 日本Rubyの会

「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を決定

発表日: 
2008/10/17

 独立行政法人情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)は、2008年10月17日、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発者やOSSの普及に貢献した方を表彰する「2008年度日本OSS貢献者賞」の受賞者を選定しました。

 

 「日本OSS貢献者賞」は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造・運営した開発者や、グローバルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者、普及に貢献した人を表彰するものです。

 2005年度に創設し、今年度が第4回目となります。

「2010年度日本OSS貢献者賞・日本OSS奨励賞」受賞者が決定

発表日: 
2010/10/15

 

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:藤江 一正)は、2010年10月15日、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発及び普及に貢献した個人等を表彰する「2010年度日本OSS貢献 者賞」および「2010年度日本OSS奨励賞」の受賞者を選定しました。

 

「2009年度日本OSS貢献者賞、日本OSS奨励賞」受賞者を決定

発表日: 
2009/10/23

 

 IPA (独立行政法人情報処理推進機構、理事長:西垣 浩司)は、このたび、優れたオープンソースソフトウェア(OSS)の開発及び普及に貢献した個人等を表彰する「2009年度日本OSS貢献者賞」および今 年度から新設した「2009年度日本OSS奨励賞」の受賞者を選定しました。

 

 「日本OSS貢献者賞」は、日本におけるOSS開発の振興を図ることを目的に、影響力のある開発プロジェクトを創造・運営した開発者や、グローバ ルプロジェクトにおいて活躍する卓越した開発者、OSS普及への貢献者を表彰するものです。本賞は2005年度に創設し、今年度が第5回目となります。

 今年度は昨年度までの「日本OSS貢献者賞」に加え、過去一年間にOSSの開発や普及に顕著な活躍をした個人ないしグループを表彰する「日本OSS奨励賞」を新設しました。

オープンソースで復興支援【第2弾】

発表日: 
2012/2/2
オープンソースの最新オフィス・ソフトLibreOfficeを無償で配布&サポート
日本OSS推進フォーラムの震災復興支援(第2弾)として

 日本OSS推進フォーラム(以下、当フォーラム)は、東日本大震災により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

当フォーラムでは、昨年6月より震災復興支援の一助となるよう、オープンソースのオフィス・ソフト「OpenOffice.org」を日頃のフォーラム活動をベースに無償で配布ならびにサポートしてまいりましたが、ここに本日より、復興支援第2弾といたしまして、被災された皆様はもとより、被災された地域の復興復活にご尽力されている全ての関係諸団体や地元企業等の皆様を対象に、ISO国際標準に準拠して世界中で広く使われつつあるオープンソースの最新オフィス・ソフト「LibreOffice」を無償で配布してご利用をサポートいたします。

「Ruby & Ruby on Rails の適用事例集」を公開

発表日: 
2011/4/11

オープンソースのプログラミング言語 Rubyおよび Ruby on Rails を使った適用事例集 「Ruby & Ruby on Rails の適用事例集」を公開

オープンソースのオフィスソフトOpenOffice.org活用事例集を公開

発表日: 
2011/3/1

2011年3月1日
日本OSS推進フォーラム

オープンソースのオフィスソフトOpenOffice.org活用事例集を公開
~ OSSを活用したオフィス環境を提案 ~

日本OSS推進フォーラム アプリケーション部会デスクトップアプリケーション推進タスクフォースと、同ミッションを引き継いだクライアント部会オフィスのオープン化タスクフォースは、OpenOffice.org活用事例の収集・公開をしています。

Ruby on Rails ベースの OSS 「Open PJC」 「Traxi」 「Customize Tool for Open PJC」 を公開

発表日: 
2010/7/30
プレスリリース
2010年7月30日
日本OSS推進フォーラム 

Ruby on Rails ベースの OSS 「Open PJC」 「Traxi」 「Customize Tool for Open PJC」 を公開

~ 商用ソフトを OSS 化した、新しいビジネスモデルを提案 ~

日本 OSS 推進フォーラム アプリケーション部会 Ruby アプリケーション TF は、Java 実装の商用アプリケーション( PJC :アースインターシステムズ株式会社)を Ruby および Ruby on Rails で再実装し、OSS「Open PJC」 として、sourceforge.jp 上にて公開しています。

日本OSS推進フォーラムセミナー 「オープンソースが企業システムを変える! ~政府と民間が共同で行うOSS基盤整備事業とその成果 ~OSS先端ユーザ企業に見る新たな世界」

発表日: 
2006/2/27

日本OSS推進フォーラムセミナー

「オープンソースが企業システムを変える!
 ~政府と民間が共同で行うOSS基盤整備事業とその成果
 ~OSS先端ユーザ企業に見る新たな世界」

開催概要

オープンソースソフトウェア(OSS)は、ソースコードを公開することにより、多くの人の知恵と技術を結集できることから、その注目度はますます高まって います。 一方、その利用に関しては、利用上の不安感や現時点での一部機能およびサービス上の充実度の低さ等から、未だ広く利用されていない部分もあります。

日本OSS推進フォーラムでは、2004年2月の設立以来これらの課題について、産業界のみならず政府、学会をあげて取り組むべき課題について検討してま いりました。また、産・官・学が協調して進めるべき課題・分野については、2006年1月に情報処理推進機構(IPA)が設立した"OSSセンター"がそ の中核として、日本OSS推進フォーラムとの連携の下、「基盤整備」、「情報の集約・発信」、「普及促進」を果たし、OSSの利用拡大を図るとともに、各 種活動の連携の強化を図ります。

本セミナーは、OSSを活用中・またはご検討中の皆様に、"OSSセンター"の設立と産・官・学協調により「何が期待できるか」をご理解頂くことを目的と するものです。

第5回日本OSS推進フォーラム 幹事団及び顧問団合同会合の開催

発表日: 
2008/4/18

プレス発表

2008年4月18日 日本OSS推進フォーラム 独立行政法人 情報処理推進機構

「更なるOSS利用促進に向けて、新たな分野での活動を拡大」

第5回日本OSS推進フォーラム 幹事団及び顧問団合同会合の開催

-OSSアプリケーションの利用促進を目指すアプリケーション部会、組込みシステム分野のOSS 活用の実態把握と施策提言を実施する組込みシステム部会の新設など部会体制を大幅に刷新-

 

 オープンソースソフトウェア(OSS)の普及拡大のために自由な立場で議論し、課題解決に 取り組んでいる日本OSS推進フォーラム(新代表幹事 日本電気(株) 代表取締役 執行役員社長 矢野 薫)は、この度、(株)NTTデータ、ソニー(株)、日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)、日本IBM(株)、日本電気 (株)、(株)日立製作所、富士通(株)の企業・団体のトップから構成される幹事団及び産学の有識者からなる顧問団による第5回合同会合を、4月17日に 虎ノ門の霞山会館にて開催しました。  今回、任期満了に伴い代表幹事が交替すると共に、「プラットフォーム部会」、「アプリケーション部会」、「組込みシステム部会」を新設するなど部会の体 制を一新し、OSSの活用、コミュニティへの貢献等のさらなる推進のため、新たな出発を致しました。  本フォーラムは、経済産業省、総務省がオブザーバとして参加しています。また、独立行政法人 情報処理推進機構(略称:IPA、理事長:西垣 浩司)が 事務局を務めています。

 

Syndicate content