OSS鳥瞰図とは

「OSSを使いたいけど、○○の分野ではどのOSSがよく使われているのだろう?」
OSS鳥瞰図とは、こういったOSS初心者を手助けするために複雑多岐にわたるOSSを、視覚的に俯瞰できるようまとめたものです。鳥瞰図WG (旧クラウド技術部会)では世論の活用状況などを観察し、2014年からOSS鳥瞰図を毎年更新しています。

活動の基本方針

  • OSS利用者が、システムにOSSを採用・導入する際の手引きとなる情報を提供する
  • OSS鳥瞰図を最新版に更新し、 OSSの選定をより安心感をもって、かつ短時間にできるよう手助けをする
  • OSSに関する先端技術情報、最新動向、日本国内事例等を広く集め、様々な形でOSSを活用する人たちに、プラスとなる情報を提供する

活動成果

【PDF版 (過去のバージョンを含む)】

体制

主査     中村桂一(NECソリューションイノベータ株式会社)

活動リーダ  米嶋大志(日本電気株式会社)

メンバー  泉 勝( 日立製作所)、榎 真治(LibreOffice 日本語チーム)、大釜 秀作( 住友電気工業)、岡山 敬(東芝デジタルソリューションズ)、栗田 雅芳(東芝デジタルソリューションズ)、佐藤 健二(NECソリューションイノベータ)、佐藤 司(サイオステクノロジー)、中村 桂一(NECソリューションイノベータ)、橋本 尚(日立製作所)、森 正実(OKIソフトウェア)、安田 佳宏(富士通)、山田 剛(HTKエンジニアリング)、米嶋 大志(NEC)

協力  OSSセキュリティ技術の会