23. RDBシステム管理に関する知識 II

1. 科目の概要

関係データベースの運用管理機能と管理方法について、最適化やチューニング、トラブルシューティング方法といった応用知識を説明する。また実際のDBアプリケーション構築手順やインデックス導入による検索高速化、日本語処理環境の諸問題、ツールによる操作やバックアップとリカバリなど、具体的な管理手順を解説する。

2. 習得ポイント

本科目の学習により習得することが期待されるポイントは以下の通り。

3. IT知識体系との対応関係

「23. RDBシステム管理に関する知識Ⅱ」とIT知識体系との対応関係は以下の通り。

[シラバス:http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/download/Model_Curriculum_05_02.pdf]

<IT知識体系上の関連部分>

4. OSSモデルカリキュラム固有の知識

IT知識体系と共通したRDB の実運用に関する内容を、MySQL、PostgreSQLという2つのOSS実装を通して習得する。なお、ここでの解説ではMySQLを例に表現しているが、実習の際には両方を比較するのが望ましい。

(網掛け部分はIT知識体系で学習できる知識を示し、それ以外はOSSモデルカリキュラム固有の知識を示している)

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン