オープンソースのオフィス・ソフトを無償で配布&サポート

プレスリリース
2011年6月28日
日本OSS推進フォーラム

オープンソースのオフィス・ソフトを無償で配布&サポート
日本OSS推進フォーラム、震災復興支援で

日本OSS推進フォーラム(以下、当フォーラム)は、このたびの東日本大震災により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

当フォーラムではこれまでの活動をベースにして、被災された皆様はもとより復興支援にご尽力されている全ての関係者の皆様を対象に、オープンソースのオフィス・ソフト(OpenOffice.org)を希望者に無償で配布してサポートすることといたしました。オープンソースのため、現地で中古パソコン等を使ってライセンスを意識することなく何台でも自由に複製コピーし、一般のオフィス・ソフトの代替として使うことができます。また、ご利用に際してのメールによるユーザーサポートも、今年度は当フォーラムのクライアント部会のボランティアが復興支援に資するよう無償実施いたします。

無償で配布ならびにサポートするオープンソースのオフィス・ソフトの概要は次の通りです【詳細はこちら】。
① 基本OS(Ubuntu或はKubuntu)とOpenOffice.orgのCD起動用ソフトウェア
② Windows対応OpenOffice.orgインストール用ソフトウェア

配布方式は、希望者に当フォーラムの復興支援第1弾Webサイトからダウンロードしていただくか、または、同Webサイトの案内に従ってメールでお申込みいただき、当フォーラムよりCDを無料送付する方法で実施します。CDの無料送付は当初の予定数量を越えた時点でひとまず終了とさせて頂きます。

当フォーラムでは、今後、復興が進むにつれて、オープンソースのオフィス・ソフトの需要が高まり、ユーザーサポートが増えたり要望が多様化したりすることに備え、今回の活動を小規模ながら長く継続する事を念頭に取り組んで参ります。本件についてはメールによるユーザーサポートに加えて、ツイッターによるオープンな利用支援なども試行して参ります。

オープンソースのオフィス・ソフト(OpenOffice.org)について
国際標準のオフィスドキュメント形式を採用し、ドキュメントを長期に、かつ多くの方が利用できることを保証したオープンソースのオフィスソフトウェアです。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン