オープンソースで復興支援【第2弾】

オープンソースの最新オフィス・ソフトLibreOfficeを無償で配布&サポート
日本OSS推進フォーラムの震災復興支援(第2弾)として

 日本OSS推進フォーラム(以下、当フォーラム)は、東日本大震災により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

当フォーラムでは、昨年6月より震災復興支援の一助となるよう、オープンソースのオフィス・ソフト「OpenOffice.org」を日頃のフォーラム活動をベースに無償で配布ならびにサポートしてまいりましたが、ここに本日より、復興支援第2弾といたしまして、被災された皆様はもとより、被災された地域の復興復活にご尽力されている全ての関係諸団体や地元企業等の皆様を対象に、ISO国際標準に準拠して世界中で広く使われつつあるオープンソースの最新オフィス・ソフト「LibreOffice」を無償で配布してご利用をサポートいたします。

オープンソースのため、お手元にあるパソコンに何台でも自由にインストールして、オフィス・ソフトの代替としていつまでも無料で使い続けることができます。また古くなったPCでも快適にご利用いただけるよう国産の基本ソフト「Vine Linux」を搭載したセットもあわせて無償配布いたします。更にご利用の皆様方には、メールによるサポートも当フォーラムのクライアント部会のボランティアが復興支援に資するよう無償で2012年12月末日まで実施することといたしました。

無償で配布ならびにサポートするオープンソースのオフィス・ソフト等の概要は次の通りです【詳細はこちら】。
① Windows版LibreOffice 3.4.5インストール用ソフトウェア
② LibreOffice 3.4.5搭載のVine Linux 6(32bit/64bit版)インストール用ソ
フトウェア
③ OpenOffice.orgからLibreOfficeへの移行ガイド(Windows版CD配布時のみ)

配布方式は、当フォーラムの復興支援第2弾Webサイトからのダウンロード、またはメールでお申込みいただいてご希望CD/DVDを無料送付させて頂きます。但し、CD/DVDの無料送付は予定数を超えた時点でひとまず終了いたします。

尚、復興支援第1弾として実施してまいりましたOpenOffice.orgの無償配布とサポートにつきましては当初の予定通り本年3月末をもちまして休止させていただきます。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン