オープンソースソフトウェア評価情報リポジトリ、RepOSS(リポス)の公開

オープンソースソフトウェア評価情報リポジトリ、RepOSS(リポス)の公開

  
プレスリリース
                                             2012年5月22日
                                     日本OSS推進フォーラム

日本OSS推進フォーラム(代表幹事:富士通株式会社 執行役員副社長 佐相 秀幸)では、このたび、北東アジアOSS推進フォーラムのWG3活動の成果であるオープンソースソフトウェア(OSS)の評価情報リポジトリ、RepOSS(リポス)の公開を本日開始しました。OSSコミュニティ型として公開し、今後の発展、内容の充実を進めていきます。

日本、中国、韓国で協調して、OSSの普及を支援することを目的に、北東アジアOSS推進フォーラム(日本OSS推進フォーラム、中国OSS推進連盟、韓国OSS推進フォーラムで構成)(注1.)の立上げを各国政府が合意し、2004年から以下のWG(Working Group)で活動しています。
WG1:技術開発・評価
WG2:人材育成
WG3:標準化・認証研究
WG4:適用推進

RepOSSは北東アジアOSS推進フォーラムのWG3活動の成果の一つで、OSS評価情報を提供するリポジトリです。 

情報通信分野では、近年OSSが広く採用され、システムのコンポーネントとして重要な役割を担っています。OSSのプロジェクトに開発環境を提供している著名なSourceForge.Net®(注2.)には今年、3月現在で約32万のOSSプロジェクト、340万人のOSS開発者が登録されています。

このように数多く存在するOSSの中で、システムに最も相応しいOSSの採用を検討する場合に、OSS評価情報は必要不可欠なものです。例えば、サービスレベルアグリーメントを確認、締結して商用ソフトウェアを採用する場合などと比較すると、OSSでは、OSSの品質、OSS開発コミュニティの持続性、OSSライセンスの制約などOSS固有なコンサーンが指摘されています。

OSSの適用を推進するために、このようなコンサーンに応えるOSS評価情報の提供をRepOSSは目指しています。

RepOSSは、以下に示すようなOSS評価項目を100以上提供しています。

1) ライセンス情報
2) 開発組織情報(コミュニティ、企業、主たる開発者、開発者の分布)
3) 提供情報(メジャーリリース、メジャーリリース提供間隔)
4) コミュニケーション方法(オフィシャルサイト、ソースコードリポジトリ、
バグトラッキングシステム、メーリングリスト)
5) 仕様関係情報(標準準拠、ローカライゼーション)
6) 構成(開発言語、プラグイン構造、GUIツール)
7) 品質(バグ数、バグ修正率、平均バグ修正時間)
8) 普及度(ダウンロード数、ユーザマニュアル、Webサイト数、書籍数、ユーザグループ、賞)
9) ポータビリティ(ディストリビュータパッケージ情報、インストーラ情報)
10)ビジネス(他ソフトでの利用、ベンダーによるサポートサービス)
11)事例

RepOSSはOSS評価のためのワークベンチとしても利用できます。RepOSSでは、客観的かつ定量的な情報を公開された情報源、Webサイトなどから収集、蓄積しており、これらの情報を利用して、OSSの利用方法に合せた評価を行うことができます。 今回発表するリポジトリでは、日本、中国、韓国で関心の高い250のOSSプロジェクトについて、評価結果を公開しています。今後とも内容の充実を進めていきます。

爆発的に拡大し続けるOSSを考慮し、RepOSS自身もOSSコミュニティ型で公開します。RepOSSの今後の発展、内容の充実のために、RepOSSのコミュニティに参加し、貢献いただける方が増え、コミュニティが拡大していければと考えています。

RepOSSのより詳しい情報はwww.reposs.org (http://www.reposs.org/)をご参照下さい。

注1.北東アジアOSS推進フォーラムについての情報はossforum.jp/north_asia(http://ossforum.jp/north_asia/)をご参照下さい。 尚、中国OSS推進連盟(COPU)、韓国OSS推進フォーラム(KOSSPF)は各々(http://www.copu.org.cn/、http://www.neaossforum.org/)をご参照下さい。 また、北東アジアOSS推進フォーラムWG3に参加している各国の組織、企業は以下の通りです。

1)日本
富士通株式会社、株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ

2)中国
China Electronics Standardization Institute(CESI:中国電子標準化機構)、Ministry of Information Industry Software and Integrated Circuit Promotion Center(CSIP:情報産業ソフトウェア・集積回路振興省)、Tsinghua University(清華大学)、Red Hat China(中国レッドハット)

3)韓国
National Information Society Agency(NIA:韓国情報社会機構)、National IT industry Promotion Agency(NIPA:韓国IT産業振興機構)、SAMSUNG SDS CO., LTD (サムソンSDS株式会社)

注2.SourceForge.net®はGeeknet, Inc.の米国、その他の国での登録商標です。
本件に対するお問い合わせ

日本OSS推進フォーラム
Web: http://ossforum.jp/
Mail: ossssteer-plan@ml.ossforum.jp
 

 【グローバル・プレスリリース】
Northeast Asia OSS Promotion Forum announces the first release of the OSS assessment repository – RepOSS –

By COPU (China OSS Promotion Union), JOSSPF (Japan OSS Promotion Forum), and KOSSPF (Korea OSS Promotion Forum) - May 22nd, 2012

To contribute to the dissemination of OSS in a manner open to the world by addressing the challenges and accelerating the promotion of OSS through cooperation among China, Japan, and Korea, in 2004, IT Directors General of China, Japan, and Korea agreed to found Northeast Asia OSS Promotion Forum and jointly administer the following Working Groups (WGs) to start with:
-    WG1: Technology Development & Assessment  
-    WG2: Human Resource Development
-    WG3: Study on Standardization & Certification
-    WG4: Application Promotion

RepOSS is an OSS (Open Source Software) assessment repository, which is one of the achievements of WG3.
In the ICT (Information and Communication Technology) field, OSS has important roles as key components of systems these days.

There are many OSS projects, and these numbers are increasing every day. As of March, 2012, more than 320 thousand OSS projects and about 3.4 million OSS developers have been registered into SourceForge.net®. (www.sourceforge.net)

In order to choose which OSS is more suitable for your use, OSS information based on criteria will be useful as references.  Compared to adoptions of proprietary software with an agreement like an SLA (Service Level Agreement), you may be concerned about the Quality of OSS, Continuity of OSS communities, OSS License restrictions, and so on. To promote OSS adoptions and applications with respect to concerns, such as these, RepOSS provides practical OSS references and assessments.

RepOSS prepares more than 100 assessment properties of the OSS project.  Here are some examples of information to assess an OSS with:

1)    Licenses
2)    Development organization (Community/Company, Main Developers, Demographics)
3)    Release Information (Major Versions, Release Periods)
4)    Communication infrastructure (Official Sites, Source Code Repository, Bug Tracking System, Mailing lists)
5)    Specifications related information (Localization, Supported OSes)
6)    Composition (Development Languages, Plug-in Architecture, GUI Tools)
7)    Quality (Number of Bugs, Bug Fix Rate, Average Time Period Until Fixed)
8)    Popularity (Number of Downloads, User Manual, Administration Manual, Number of Web sites, Number of Books, User Group, Awards)
9)    Portability (Distributor Packages, Type of Installer)
10)    Business (Incorporating OSS into Other Software, Support Services by vendors)
11)    Cases (Proof of Concept, Showcases)

RepOSS is used as a workbench of OSS assessments by using information in its repository.  RepOSS is providing Objective and Quantitative information, which is able to be gathered publicly.  You are able to assess OSS by your own assessment method with the RepOSS information and your own queries.

RepOSS currently contains information for about 250 OSS projects.  In light of the explosively increasing number of OSS projects, we publish RepOSS as an OSS community development methodology.  We will continue to work under this methodology to enrich the contents of RepOSS.  Therefore, we would appreciate it if you could join the RepOSS project for enriching OSS information with us.

For more information about RepOSS, visit www.reposs.org (http://www.reposs.org/).  For more information about Northeast Asia OSS Promotion Forum, visit www.neaossforum.org (http://www.neaossforum.org/)

SourceForge.net® is a registered trademark of Geeknet, Inc. in the United States and other countries.

The Northeast Asia OSS Promotion Forum WG3 Member Affiliations
The individual contributors to the Northeast Asia OSS Promotion Forum WG3 come from many prestigious institutions, such as:

China: CESI (China Electronics Standardization Institute), CSIP (Ministry of Information Industry Software and Integrated Circuit Promotion Center), Tsinghua University, and Red Hat China

Japan: Fujitsu Limited, Fujitsu Social Science Laboratory Limited

Korea: SAMSUNG SDS CO., LTD, NIA (National Information Society Agency), NIPA (National IT industry Promotion Agency)

Contacts information
COPU (China OSS Promotion Union)
Web: http://www.copu.org.cn/
E-mail: (Li chunyan) lichy@csip.org.cn
TEL: +86 10-63951881-8152

JOSSPF (Japan OSS Promotion Forum)
Web: http://ossforum.jp/
E-mail: osssteer-plan@ml.ossforum.jp

KOSSPF (Korea OSS Promotion Forum)
Web: http://www.neaossforum.org/
E-mail: wg3@neaossforum.org

 

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン