『IoT分野へのRuby言語適用施行』について

2014年度、我々日本OSSアプリケーション部会は、Iot(Internet of Things)全領域へのRubyの適用可否を検討・研究してまいりました。

我々は、IoT分野におけるシステム構成例とそのシステムでのセンシングデータの取扱いをRubyにて実際に構築し、適用範囲を検討いたしました。

そして、施行結果からのメリット/デメリット評価を行い、アプリ部会からの提案を行います。

このたび施行結果の例として、温度センサによる温度監視システムを想定したデモを作成いたしました。

本デモは、Embedded Technology 2014(ブースNo.E-38)にて展示いたします。

デモの詳細等に関しお知りになりたい場合は、Embedded Technology 2014会場にてご質問ください。

IoT分野へのRuby言語の適用施行例

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン