イベント情報(2018年)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今後の予定(次回以降の広報部会月次ミーティング)
  • 第5回:2018年 9月27日(木) 15時~17時 JR品川イーストビル
  • 第6回:2018年 10月31日(水) 15時~17時 JR品川イーストビル
  • 第7回:2018年 11月29日(木) 15時~17時 JR品川イーストビル
  • 参加申込方法、次回日程など

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【9/27 開催予定】第5回 広報部会月次ミーティング
  • 日時:2018年 9月27日(木) 15時~17時
  • 場所:JR品川イーストビル 日立製作所様会議室(MAP
  • 参加:広報部会メンバー企業
  • 勉強会テーマ: LT 大会を開催予定
    • 5分では心もとないということで、10分のライトニングトーク大会となります。
    • 発表内容はOSS / IoT / AI / BIGDATA / CLOUD / Application など、推進フォーラムもしくは各部会が対象とする技術について。
    • 技術・ビジネス・自社宣伝も含めてネタ発表も可とします。
    • 今回の必須キーワードは「聴講者のためになること」「タメになる話」であることとします。最終ページには本発表を聞いたことでの「タメになったことまとめ」を箇条書き記載いただきます。
    •  

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【終了】第4回 広報部会月次ミーティング
  • 日時:2018年 8月28日(火) 15時~17時(17時30分まで延長)
  • 場所:JR品川イーストビル 日立製作所様会議室(MAP
  • 参加:広報部会メンバー企業
  • 勉強会テーマ:
  1. 【一般社団法人アルボラーダ
    • 「スポンサーについて&チームに必要なシステム」 
    • ​スポーツ球団にスポンサーをするのは応援するといった意味と別の意味があります。BtoCビジネスとして来場者への広告の考え方もある一方で、BtoCだけではなくBtoBビジネスを行なっている企業がスポンサーする場合について。またチームの現場ではなくフロントである事業部に必要なシステムの機能を話します。
  2. 【ARアドバンスドテクノロジ様】資料DL(pdf)
    • ​「Puppet×クラウドで描く最新ビジネスインフラデザイン」
    • WS × Puppet を例に以下のインフラデザインをご紹介します。
      ・セキュリティレベルの高いインフラ
      ・障害が発生しにくいインフラ
      ・管理しやすいインフラ
  3. 【フレームダブルオー様】
    • 「OSS の持続的開発をトークンエコノミーで支援する」
    • ​OSS のライセンスなどに干渉しない新しい収益化手段として、トークンエコノミーの特性を活用したスキームを公開。OSS の無償提供を維持したまま持続的開発を実現するための試みについてお話します!
  4. 【ゲスト講師:Cloudera様】(資料DL(pdf)
    • 「Hadoopはもうバッチ処理だけではない!データ民主化時代のOSSデータ分析基盤とオープンデータサイエンス」
    • この講演では、Hadoopとは何か、Hadoopは企業でどのように活用されているのか、データの民主化とは何か、なぜデータの民主化がデータ分析やデータサイエンスに必須なのかを説明した上で、最先端のデータ分析・データサイエンス基盤を導入事例とともにご紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

終了】第3回 広報部会月次ミーティング
  • 日時:2018年 7月26日(木) 15時~17時
  • 場所:JR品川イーストビル 日立製作所様会議室(MAP
  • 参加:広報部会メンバー企業
  • 勉強会テーマ:
  1. Linux Foundation 様】「データ共有のためのライセンス」 資料DL(pdf)
    • ゲスト講師:Linux Foundation 理事 橋本尚様 (日立製作所所属)
    • CDLA は、Linux Foundation が策定し、2017/10にアナウンスしたデータ共有のためのライセンスです。今後のビジネスでは、今まで以上にデータを利用し共有する機会と重要性が増していくでしょう。データ共有ライセンスの考え方を知っておくことで、安心安全なデータ利用ができるようになります。
  2. 【サイオステクノロジー様】マイクロサービスフレームワークで簡単開発参考LINK
    • マイクロサービスとは何なのか?今までの開発とは何が違うのか?そのメリットデメリットは?「Azure Service Fabric」で LINE なチャットアプリを作ろう!!という開発デモを実際に行い、マイクロサービスによる開発をイメージいただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

終了】第2回 広報部会月次ミーティング
  • 日時:2018年 6月26日(火) 15時~17時
  • 場所:JR品川イーストビル 日立製作所様会議室(MAP
  • 参加:広報部会メンバー企業
  • 勉強会テーマ:
  1. 【富士通様】PDS(Persol Data Stor)について資料DL(pdf)
    • 従来の事業者が個人情報を持つのではなく、自分で所持し、それを事業者に提供するかどうかを決めることが出来るという考えかた。これを実現するソフトウェア Personium (OSSとして公開)についてご説明いただきます。
  2. 【マクニカ 様 】スマート農業への取り組みについて資料DL(pdf)
    • 赤色波長で野菜の成長を促進する新しいソーラーパネル、その実証実験やそれらを中心(センサー、カメラ、クラウド)としたスマート農業への取り組み、課題などをお話いただきます。
  3. 【戸倉彩という職業 様 】エバンジェリストの育て方
    • ゲスト講師:戸倉彩様(日本 IBM 所属)
    • DevRel(Developer Relations:デベロッパーとのリレーション)従来の PR(Public Relations としてのパンフ作成、一方通行の広告)ではなく、開発者との共創マーケティングエバンジェリストに求められるスキルや資質に関してお話いただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

終了】第1回 広報部会月次ミーティング
  • 日時:2018年 5月31日(木) 15時~17時
  • 場所:JR品川イーストビル 日立製作所様会議室(MAP
  • 参加:広報部会メンバー企業
  • 勉強会テーマ:
  1. ホートンワークス様】ビッグデータ処理の基本と顧客事例、技術デモ
    • たとえば、メールサーバーに到着した画像ファイルを機械学習によりピックアップするとか、IoT によるビッグデータ処理でのセキュリティを担保するとか・・・Hortonworks のソリューションは Hadoop だけではありません。コードの記載が不要なストリーミングアプリケーションの作成方法について『技術論』ではなく、その用途や適応事例を交えて、分かりやすく解説いただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

終了】第5回 日本OSS推進フォーラム総会
  • 日時:2018年 4月11日(水) 15時~17時
  •   (懇親会 18時~20時、参加会費有
  • 主催:日本OSS推進フォーラム
  • 場所:NEC 芝クラブ( MAP )
  • 参加:日本OSS推進フォーラム 正会員企業、一般会員企業、関係団体
  • 内容:
    • 【来賓挨拶】経済産業省様
    •  日本OSS推進フォーラム理事長挨拶 
    •  2017年活動報告について
    •  2018年活動計画について
    •  懇親会(18時より同会場にて)
  • 出欠連絡は、送付された案内メールよりお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

終了】Japan OSS Promotion Forum 2018
  • 日時:2018年 2月27日 13時00分~17時30分(懇親会18時~ 
  • 主催:日本OSS推進フォーラム
  • 場所:サイオステクノロジー本社 9F コラボレーションラウンジ
  • 参加:どなたでも参加可能です(会員企業様、これから入会を検討する企業様、OSS関連技術動向に興味をお持ちの企業様)
  • 内容:
    • 【来賓後援】経済産業省様
    • 【基調講演】グローバル・ピープル・ソリューションズ株式会社 代表取締役 酒井 崇男 様
    • 【基調講演】(AI / ロボット関連の技術企業と調整中)
    • 【ショートセッション】クラウド、ビッグデータ、アプリケーションの3技術部会がそれぞれの成果報告、技術プレゼンテーションを行います。
  • 参加申込サイト
  • https://ossforum.connpass.com/event/77003/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フォーラム会員企業専用

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン