15. Light Weight Languageに関する知識

Ⅰ.概要

コードの作成や修正が容易とされる軽量プログラミング言語(Light Weight Language)を学習し、アプリケーション開発の手法を習得する。本カリキュラムでは、まずLight Weight Languageに位置づけされるPerl、PHP、Python、Rubyといったプログラミング言語の特徴について解説し、動作環境の構築や基本的な構文について習得する。

次に、前述した言語のうち、Rubyの焦点をあて、Rubyによるオブジェクト指向開発やフレームワークによるWebアプリケーション開発について学習する。最後に、オープンソースとして公開されているWebアプリケーションをカスタマイズし、機能を追加する方法について学習する。

Ⅱ.対象専門分野

職種共通

Ⅲ.受講対象者、受講前提

プログラミング経験があることが望ましい。

なお、カリキュラム構成として一度に多くの言語を学ぶ構成であるため、ワークショップの開発実習に十分な配慮が必要である。

Ⅳ.学習目標

· Light Weight Languageの概要や基礎知識、各言語における特徴について理解する。

· Perl、PHP、Python、RubyといったLight Weight Languageの動作環境の設定方法、プログラムの基本構文について理解する。

· Rubyの組み込みクラスの利用方法について習得する。

· Rubyによるオブジェクト指向プログラミングの理解を目指す。

· Railsフレームワークを利用したアプリケーション開発(データベースアプリケーション、Webアプリケーション、プラグイン導入、テスト)について学習する。

· Light Weight Languageで開発されたオープンソースシステムのパッケージを導入し、そのカスタマイズ方法について学習する。

Ⅴ.使用教科書、教材等

『プログラミングRuby-達人プログラマーガイド』

David Thomas/Andrew Hunt著、ピアソンエデュケーション刊

『Ruby on Rails入門-優しいRailsの育て方』

西和則著、秀和システム刊

Ⅵ.習得スキルの評価方法

講義終了後の受講レポート、定量アンケート、知識確認ミニテスト、演習問題の取り組み状況を総合的に判断して評価を行う。

Ⅶ.カリキュラムの構成

レベル1(基本) 第1回~第10回

レベル2 (応用)第11回~第15回

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン