18. 統合開発環境に関する知識

Ⅰ.概要

OSSの開発で用いられている統合開発環境について、その種類や特徴、使い方、活用方法等を理解することを通じて、OSSをソースコードレベルで活用したり、開発プロジェクトに参加したりするための基礎知識やノウハウを学ぶ。

Ⅱ.対象専門分野

職種共通

Ⅲ.受講対象者、受講前提

ソフトウェア開発やプログラミングで用いられる基本的な用語を理解していること

Ⅳ.学習目標

· 統合開発環境とはどういうものであるかを理解する。

· OSSの開発で用いられている統合開発環境の種類や利用実態などについて理解する。

· Eclipseの特徴や基本的な機能を理解する。

· Java Development Toolsを用いたEclipseによるJavaプログラミングの基本的な機能、操作を理解する。

· Web Tools Platformを用いたEclipseによるWebアプリケーション開発の基本的な機能、操作を理解する。

· NetBeansの特徴や基本的な機能を理解する。

· NetBeans IDEによるJavaプログラミングの基本的な機能、操作を理解する。

· WideStudioの特徴や基本的な機能を理解する。

· WideStudioによるマルチプラットフォームアプリケーション開発の基本的な機能、操作を理解する。

Ⅴ.使用教科書、教材等

【レベル1、2】

· 『プログラミングWideStudio』平林俊一ほか著、アスキー刊

Ⅵ.習得スキルの評価方法

講義終了後の受講レポート、定量アンケート、知識確認ミニテスト、演習問題の取り組み状況を総合的に判断して評価を行う。

Ⅶ.カリキュラムの構成

レベル1(基本) 第1回~第11回

レベル2(応用) 第12回~第15回

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン