25. 組み込み開発環境に関する知識

Ⅰ.概要

GUIプログラミング(GTK+、QT、Qtopia)などのソフトウェアが動作する基盤となるコンピュータシステム、ハードウェア、アーキテクチャについて、その種類と特徴、動向を理解し、OSSを用いて開発するためのハードウェアや基盤に必要な一連の基礎知識と活用技術の概要について学ぶ。

Ⅱ.対象専門分野

職種共通

Ⅲ.受講対象者、受講前提

本カリキュラムの基本となる組込みコンピュータ科学基礎、ソフトウェア、ハードウェア基礎(ITSSレベル1程度)を習得・経験しているレベルの知識を有すること。

Ⅳ.学習目標

· 組み込み開発環境を構成するソフトウェア、ハードウェア、ツールの概要と開発やデバッグの進め方を学ぶ。

· 組み込み開発環境を構成するツールの概要と開発やデバッグの進め方を学ぶ。

· 組み込み開発環境を使用する開発やデバッグの進め方を学ぶ。

Ⅴ.使用教科書、教材等

『わかりやすい組込みシステム構築技法-ソフトウェア編-』

永井正武監修、澤田勉著、共立出版刊

上記のほかにオリジナル教材を作成するものとする。

Ⅵ.習得スキルの評価方法

講義終了後の受講レポート、定量アンケート、知識確認ミニテスト、演習問題の取り組み状況を総合的に判断して評価を行う。

Ⅶ.カリキュラムの構成

レベル1(基本) 第1回~第8回

レベル2(応用) 第9回~第15回

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン