1. OSSの概要に関する知識

Ⅰ.概要

ソフトウェアの新たな開発手法となりソフトウェア業界で大きな影響力を持つようになったオープンソースについて解説する。本講義では、オープンソースの登場から現在に至る発展の経緯や代表的なソフトウェアの特徴を解説する。講義の後半では実際にソフトウェアをPCにインストールしながら演習を行う。

Ⅱ.対象専門分野

職種共通

Ⅲ.受講対象者、受講前提

入門カリキュラムのため、特に規定しない。

Ⅳ.学習目標

· オープンソースの基本的な概念を理解すること

· オープンソースで開発される代表的なソフトウェアの特徴を理解すること

Ⅴ.使用教科書、教材等

選定方針として、未経験レベルの技術系学生からITSS各職種の若手社員の利用を想定。第11回以降はワークショップ主体のため教科書、教材等は使用しない。

『オープンソースソフトウェアの本当の使い方』

濱野賢一朗/鈴木友峰共著、技術評論社刊

Ⅵ.習得スキルの評価方法

講義終了後の受講レポート、定量アンケート、知識確認ミニテスト、演習問題の取り組み状況を総合的に判断して評価を行う。

Ⅶ.カリキュラムの構成

レベル1(基本) 第1回~第8回

レベル2(応用) 第9回~第15回

学習ガイダンス: 
1. OSSの概要に関する知識 I
学習ガイダンス: 
1. OSSの概要に関する知識 II

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン