19. 暗号化に関する知識 I

1. 科目の概要

OSS アプリケーションのセキュリティを確保するために必須の技術である暗号化について、公開鍵・秘密鍵暗号、認証などの各手法とその実装方法、および実用的な無線LANの暗号化やセキュアシェル(SSH)などの技術を解説する。

2. 習得ポイント

 本科目の学習により習得することが期待されるポイントは以下の通り。

3. IT知識体系との対応関係

「19.暗号化に関する知識Ⅰ」とIT知識体系との対応関係は以下の通り。

[シラバス:http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/download/Model_Curriculum_05_19.pdf]

<IT知識体系上の関連部分>

4. OSSモデルカリキュラム固有の知識

OSSモデルカリキュラム固有の知識として、OSS特有のセキュリティに関する話題や、SSHプロトコルのオープンソース実装であるOpenSSHなどの暗号化技術に関連したOSSの実装に関する知識がある。

(網掛け部分はIT知識体系で学習できる知識を示し、それ以外はOSSモデルカリキュラム固有の知識を示している)

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン