2. 法務分野に関する知識 II

1. 科目の概要

オープンソースにまつわる知財や法務に関する知識を、リスクの詳細や対策、トラブル事例や関連する話題を混えて詳しく解説する。OSSを利用してビジネスを行う際に避けては通れないライセンスの伝搬性に関する説明や具体的事例を用いて、OSSに関わる法務分野の知識を深く理解させる。

2. 習得ポイント

本科目の学習により習得することが期待されるポイントは以下の通り。

3. IT知識体系との対応関係

「2.法務分野に関する知識Ⅱ」とIT知識体系との対応関係は以下の通り。

[シラバス:http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/download/Model_Curriculum_05_02.pdf]

<IT知識体系上の関連部分>

4. OSSモデルカリキュラム固有の知識

OSSモデルカリキュラム固有の知識として、実社会におけるオープンソース・ライセンスのビジネスや訴訟の事例研究が挙げられる。また、知財や特許の具体的な手順などより実践的な内容を扱う。

(網掛け部分はIT知識体系で学習できる知識を示し、それ以外はOSSモデルカリキュラム固有の知識を示している)

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン