8. Linuxのシステムプログラミングに関する知識 II

1. 科目の概要

Linuxにおいてシステムが提供するリソースを活用してプログラムを実行するシステムプログラミングのうち、スレッドプログラミングやプロセス間通信、デバイスファイルの利用、セマフォや共有メモリ、メッセージキューの利用など、比較的高度な話題について解説する。

2. 習得ポイント

本科目の学習により習得することが期待されるポイントは以下の通り。

3. IT知識体系との対応関係

「8. Linuxのシステムプログラミングに関する知識Ⅱ」とIT知識体系との対応関係は以下の通り。

[シラバス:http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/download/Model_Curriculum_05_02.pdf]

<IT知識体系上の関連部分>

4. OSSモデルカリキュラム固有の知識

OSS モデルカリキュラム固有の知識として、Linux という具体的な環境におけるプログ

ラミング手法の知識が含まれる。デバッグ手法、プロセス管理、入出力管理などに関するプログラミング手法について、Linux を通して習得する。

(網掛け部分はIT知識体系で学習できる知識を示し、それ以外はOSSモデルカリキュラム固有の知識を示している)

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン