15. Light Weight Languageに関する知識 II

1. 科目の概要

Light Weight Languageによるシステム構築の応用例としてRubyによるアプリケーション構築フレームワークであるRuby on Rails (RoR)を取り上げる。RoRの基本的な仕組みを解説し、RoRを利用したデータベースアプリケーション開発やアプリケーションのカスタマイズ、開発方法などについて解説する。

2. 習得ポイント

本科目の学習により習得することが期待されるポイントは以下の通り。

3. IT知識体系との対応関係

「15. Light Weight Languageに関する知識Ⅱ」とIT知識体系との対応関係は以下の通り。

[シラバス:http://www.ipa.go.jp/software/open/ossc/download/Model_Curriculum_05_02.pdf]

<IT知識体系上の関連部分>

4. OSSモデルカリキュラム固有の知識

OSS モデルカリキュラム固有の知識として、Ruby on Rails(RoR)に関する知識が挙げられる。RoRの仕組み、開発手順、プラグイン開発、RoRアプリケーションの仕組みをLinux上での作業を通して習得する。

(網掛け部分はIT知識体系で学習できる知識を示し、それ以外はOSSモデルカリキュラム固有の知識を示している)

OSS Course Naviのコンテンツは IPA OSS モデルカリキュラムを基としています。

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン