オープンソースのオフィス・ソフトを無償で配布&サポート

発表日: 
2011/6/28

オープンソースのオフィス・ソフトを無償で配布&サポート
日本OSS推進フォーラム、震災復興支援で

日本OSS推進フォーラム(以下、当フォーラム)は、このたびの東日本大震災により被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

当フォーラムではこれまでの活動をベースにして、被災された皆様はもとより復興支援にご尽力されている全ての関係者の皆様を対象に、オープンソースのオフィス・ソフト(OpenOffice.org)を希望者に無償で配布してサポートすることといたしました。オープンソースのため、現地で中古パソコン等を使ってライセンスを意識することなく何台でも自由に複製コピーし、一般のオフィス・ソフトの代替として使うことができます。また、ご利用に際してのメールによるユーザーサポートも、今年度は当フォーラムのクライアント部会のボランティアが復興支援に資するよう無償実施いたします。

無償で配布ならびにサポートするオープンソースのオフィス・ソフトの概要は次の通りです。【詳細はこちら】
① 基本OS(Ubuntu或はKubuntu)とOpenOffice.orgのCD起動用ソフトウェア

第8回日本OSS推進フォーラム 幹事団・顧問団会合の開催

発表日: 
2011/5/27
プレスリリース
2011年5月27日
日本OSS推進フォーラム

 

第8回 日本OSS推進フォーラム 幹事団・顧問団会合の開催

~クラウド・コンピューティング活動の強化を図り、
7部会体制で着実かつグローバルな活動を展開~

 

 オープンソースソフトウェア(OSS)の普及拡大のために自由な立場で議論し、課題解決に取り組んでいる日本OSS 推進フォーラム(代表幹事:富士通株式会社 執行役員副社長 佐相 秀幸)は、この度、株式会社NTTデータ、ソニー株式会社、社団法 人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本電気株式会社、パナソニック株式会社、株式会社 日立製作所、富士通株式会社の企業・団体のトップから構成される幹事団および産学の有識者からなる顧問団による第8回会合を5月27日 に開催しました。今回、クラウド・コンピューティングに関わる活動強化のために3部会を新設し、既存部会と合わせて7部会体制で、 2011年度の活動を行うことが承認されました。

「Ruby & Ruby on Rails の適用事例集」を公開

発表日: 
2011/4/11

オープンソースのプログラミング言語 Rubyおよび Ruby on Rails を使った適用事例集 「Ruby & Ruby on Rails の適用事例集」を公開

オープンソースのオフィスソフトOpenOffice.org活用事例集を公開

発表日: 
2011/3/1

2011年3月1日
日本OSS推進フォーラム

オープンソースのオフィスソフトOpenOffice.org活用事例集を公開
~ OSSを活用したオフィス環境を提案 ~

日本OSS推進フォーラム アプリケーション部会デスクトップアプリケーション推進タスクフォースと、同ミッションを引き継いだクライアント部会オフィスのオープン化タスクフォースは、OpenOffice.org活用事例の収集・公開をしています。

経済産業省、総務省をはじめ関係省庁・諸団体と協調しクラウドへの取り組みを本格化

発表日: 
2010/8/16
プレスリリース
2010年8月16日
日本OSS推進フォーラム
  

 日本OSS推進フォーラム(代表幹事:富士通株式会社執行役員副社長佐相 秀幸)では、経済産業省、総務省をはじめ関係省庁・諸団体と協調して活動領域を拡大し、クラウド・コンピューティングの取り組みを本格化致します。

また、OSS領域に加え、クラウド・コンピューティング領域へも活動を拡大することに合わせ、組織名称を含めた体制の見直しについても検討して参ります。

コンテンツ配信

フォーラム会員企業専用

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン