WG4:適用推進

 

目的と背景
----------------------------------------------------------------------
北東アジアのOSSエコシステム構築を支援し、OSSモデル事業対象市場調査、モデル事業実施および3ヶ国のOSS活動成果の普及と適用を目的とするWG4(適用推進)を設立する。

活動内容と成果
----------------------------------------------------------------------
第8回のWG4会議を開催(北京)
開催日:2012年11月12日

第7回のWG4会議を開催(北京)
開催日:2012年9月24日

 

第6回のWG4会議を開催(北京)
開催日:2012年7月17日

 

第5回のWG4会議を開催(天津)
開催日:2012年6月8日

 

第4回のWG4会議を開催(北京)
開催日:2012年4月27日

 

----------------------------------------------------------------------
第3回のWG4会議を開催(北京)
開催日:2012年2月8日

 

今後の活動計画について議論した。
(1)対象領域
-物流システム、災害対策システムを最初の検討対象とする。
(2)スケジュール
- 2012年度前半 対象国・プロジェクト領域選択
- 2012年度後半 プロジェクト選択
----------------------------------------------------------------------
第2回のWG4会議を開催(北京)
開催日:2011年12月9日

各国のOSSモデル事業対象市場調査状況を報告し、今後の活動方針について議論した。
(1)日本
-ヘルスケアシステム、物流システム、災害対策システムなどを提案。
(2)中国
-地方都市でのスマートシティ構想を提案。
(3)韓国
-クラウドのベーシックモデルを提案。
----------------------------------------------------------------------
第1回のWG4会議を開催(上海)
開催日: 2011年11月4日

10月のWG4設立合意を受け、第1回の会議を開催した。今後の活動内容およびロードマップについて議論した。次回は各国のOSSモデル事業対象市場を提案する事に合意した。

メンバー一覧
----------------------------------------------------------------------
各国のコンタクトパーソンは以下のとおりである。
-日本 大木一浩 (日本電気株式会社)
-中国 Liu Ming  (CSIP)
-韓国 Chung, Byung Joo (KOSSA)
 

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン