第8回日本OSS推進フォーラム 幹事団・顧問団会合の開催

プレスリリース
2011年5月27日
日本OSS推進フォーラム

 

第8回 日本OSS推進フォーラム 幹事団・顧問団会合の開催

~クラウド・コンピューティング活動の強化を図り、
7部会体制で着実かつグローバルな活動を展開~

 

 オープンソースソフトウェア(OSS)の普及拡大のために自由な立場で議論し、課題解決に取り組んでいる日本OSS 推進フォーラム(代表幹事:富士通株式会社 執行役員副社長 佐相 秀幸)は、この度、株式会社NTTデータ、ソニー株式会社、社団法 人 日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)、日本アイ・ビー・エム株式会社、日本電気株式会社、パナソニック株式会社、株式会社 日立製作所、富士通株式会社の企業・団体のトップから構成される幹事団および産学の有識者からなる顧問団による第8回会合を5月27日 に開催しました。今回、クラウド・コンピューティングに関わる活動強化のために3部会を新設し、既存部会と合わせて7部会体制で、 2011年度の活動を行うことが承認されました。

   今回の会合では、クラウド・コンピューティングに関わる活動強化のために「クラウド戦略検討部会」、「ソーシャルクラウ ド領域検討部会」、「クラウドセキュリティ部会」を新設すると共に、既存部会については、「クラウド部会」を「クラウド技術部会 」に改組すること、「組込みシステム部会」、「クライアント部会」、「アプリケーション部会」の取り組みを継続すること、「人材 育成部会」は当初目標のOSS人材育成環境の整備が進み、コミュニティや各部会を通じた高度人材育成機会が見込めることから閉会する こと、および7部会体制での2011年度活動計画が承認されました。

   本フォーラムは、継続して我が国のOSS利用促進とOSSグローバルコミュニティへ貢献すると共にクラウド・コンピューティン グ関連活動を通した日本の技術競争力強化への貢献に向けて、積極的に取り組んでいきます。また本フォーラムは日本国内のみならず 、中国、韓国と協調する北東アジアOSS推進フォーラム(昨年度は2010年11月に韓国ソウルで開催、2011年秋は中国にて開催予定)にお いて、実効性のある成果発表ができるよう活動するほか、他のOSS関連団体、地方組織と連携したOSSの普及活動も推進していきます。

   今回の大震災での復旧復興支援ではOSSの技術や人材等が幅広く活躍しております。本フォーラムでも「OSSのオフィスソフト をCDで無償配布する」等の支援活動を開始すると共に、他のOSS関係団体や支援団体と協調して活動を進めていきます。

※日本OSS推進フォーラムは、経済産業省、総務省がオブザーバとして参加しています。また、IPA(独立行政法人 情報処理推進機構、 理事長 藤江 一正)が事務局を務めています。 

各部会の目標および2011年度の活動について

1 クラウド戦略検討部会
  クラウド戦略検討部会は、ソーシャルクラウドのエコシステムの形成に寄与するクラウドファクトリ構想の具体化、ソーシャル クラウド領域の実証実験の道筋などを検討すると共に、クラウド関連部会全体を俯瞰し活動全体の推進とフォローを行ないます。
2011年度においては、以下の活動を行います。

  • 政策提言策定の取り纏め
  • クラウド関連部会間の調整
  • クラウド・コンピューティングに関与する諸団体との連携

2 ソーシャルクラウド検討部会
  ソーシャルクラウド検討部会はソーシャルクラウド領域におけるユーザーの具体的な要望、必要な技術領域の絞込み、検証の 優先度などを検討すると共に複数分野のソーシャルデータを活用した新たなアプリケーション、応用領域、ビジネスについても検討を 推進します。
  2011年度においては、以下の活動を行います。

  • 実証実験に向けたシナリオの検討とニーズの策定
  • 実証実験で利用するソーシャルデータの抽出と入手方法の検討

3 クラウド技術部会
   クラウド技術部会は、ソーシャルクラウドの実現に向けて、中核となるソーシャル技術の詳細化と技術検討・開発を推進しま す。またクラウド・コンピューティングを契機として進むITのパラダイムシフトにおいて、OSSが担う役割を評価するとともに、ワール ドワイド・コミュニティと連携しながらクラウド・コンピューティング時代に必要とされる技術評価や実証を推し進めます。
   2011年度においては、以下の活動を行います。

  • ソーシャルクラウド実現に伴う技術課題の抽出と解決案の具体化を推進する。
  • ソーシャルクラウドフレームワークに必要となるOSSスタックの調査
  • ソーシャルクラウドフレームワークの活用を推進するための標準化・認定制度の検討

4 クラウドセキュリティ部会
  クラウドセキュリティ部会はクラウド・コンピューティング環境でのセキュリティの課題解決・普及、セキュリティ監査への 対応と仕組みの検討を進めます。
   2011年度においては、以下の活動を行います。

  • セキュリティ管理、ログ管理について監査、技術の観点で検討
  • クラウド相互のデータの可搬性の検討
  • クラウド関連法制度の検討

5 組込みシステム部会
  組込みシステム部会は、OSSの活用が定着した組込みシステム分野において、今後も引き続きOSS開発コミュニティとの共存共栄が図られるよう活動いたします。
2011年度においては、以下の活動を行います。

  • 組込み開発の現場と、コミュニティ最前線との一層の連携を推進
  • The Linux Foundationをはじめとする関連する団体との協調関係の継続と発展の推進

6 クライアント部会
  クライアント部会は、利用者の利便性向上を図るため、クラウド&マルチデバイス環境に適したオープンで安心なクライアントPCの普及推進、ならびにマルチプラットフォームで生産性の高いユーザー利用環境の普及推進に取り組みます。
2011年度においては、以下の活動を行います。

  • 災害復興にも役立つ利便性の高いOSSクライアントPCに関する調査等の実施
  • OpenOffice.orgやLibreOffice等の動向、ならびに円滑な移行に関する調査等の実施
  • 震災支援活動の実施(OSSのオフィスソフトの無償配布とサポート等)

7 アプリケーション部会
  アプリケーション部会は、2010年度までの活動において、OSSアプリケーションを開発し、ビジネスモデルを検討しました。2011年度はOSSアプリケーションのビジネス事例を集め、対外広報活動を重視し、OSSアプリケーションのさらなる利用拡大を目指します。
2011年度においては、以下の活動を行います。

  • Ruby on Railsベースのアプリケーション事例収集拡大と広報の促進
  • OSSアプリケーション活動の広報およびビジネス活動諸団体との連携
  • WG3のOMATF(OSS Maturity Assessment Task Force) 活動を推進し、OSS評価DBを一般公開

 ニュースリリース全文PDF

記事配信

コンテンツ配信

ユーザログイン